農家のこせがれねっとワーク

代表者挨拶

一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に

勤めていた会社を辞めて小さな養豚業を営む実家に戻ったのは2005年の7月でした。起業を志して毎朝早く起きて出社前に勉強をしていた日々。どうしても実家の養豚業のことが離れず農業の本を買いあさって読み続けました。農業の世界は問題が山積み。

後継者不足が問題とよく言うけど、これは後継者不足が問題ではなくて、後継者が後を継ぎたくても継げない農業の仕組みそのものが問題なんだと気づきました。

実家の養豚業を何とかしたい。その時、学生の頃に行ったバーベキューを思い出しました。バーベキューを行えばお客さんからの喜びの声も直接聞くことができるし、価格の決定権も戻ってくる。バーベキューでうちの養豚業が変わるかもしれない。

頭の中で閃きました。そうだ、これまでの一次産業は生産から出荷で終わってどう流通して誰が食べているのかがわからない。おいしい物を作っても評価されない仕組みだったけど、生産からお客さんの口に届けるところまでを農家が一貫してプロデュースできれば、一次産業が かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業になる!

実家に戻って親父の後を継いで養豚農家になろうと決意した瞬間でした。

ところが親父は「お前の言っていることは地に足がついていない」 「理想論だ」と取り合ってくれない。盆や正月、ことあるごとに話をし、とうとう「そこまで言うなら勝手にやれ」と事実上の許しを得て実家に戻りました。

うちは小さな養豚農家。人もお金もノウハウもありません。自分のできることから始めようと取り組んだのがバーベキューでした。友人知人にメールニュースを配信してお客さんを集め、毎月バーベ キューを開催しました。みやじ豚のおいしさと、一次産業をかっこ よくて・感動があって・稼げる3K産業にしたいという想いに共感してくれた方々が自分のコミュニティに戻って口コミをしてくださいました。

みやじ豚の噂は瞬く間に拡がりました。今では同業者からも「神奈川のトップブランドはみやじ豚だ」と言われるようになりました。

 

農業の理想は家族経営

畜産業界の経営環境が非常に厳しい中、応援してくださる方々のお陰で何とかやっていくことができそうです。通常、ここまでくると規模の拡大を行います。ですが、規模の拡大を良しとせず、家族経営でできる適正規模を守って経営する道を選びました。レバレッジの利かない農業は家族経営が一番。小さいながらも生産からお客様に届けるまでを一貫してプロデュースできる農家は、素敵なお客様に囲まれて心豊かな人生を歩む事ができます。

でも、僕には日本の農業を変革する使命があります。自分の時間とエネルギーは全て、日本の農業を盛り上げるために使おう。この生涯をかけて日本の農業を変革しよう。そう決意しました。

 

農家のこせがれの帰農支援を

日本農業を変革のために残された時間は5年。最短最速で日本の農業を変えるためには何が必要か。たどり着いた結論は、都会で働く農家のこせがれが実家に戻って農業を始めることでした。既存の仕組みにとらわれず、これからの農業標準をつくることを目指します。そうすることで、一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にする、 そして、農家と生活者が本当の意味での顔の見える関係づくりを支援していきます。

農家のこせがれが胸を張って、「俺の親父は百姓だ。将来は俺も実家に戻って後を継ぐのが夢だ。」といえるような産業にしていきたいのです。

そして10年後、小学生の希望職種ランキング1位に「農業」!

そんな社会を目指しています。

農業は魅力溢れる素晴らしい仕事です。農家のこせがれ達にも、早くそれに気づいて欲しいと思っています。一緒に活動できることを、楽しみにしております。

NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事CEO
宮治勇輔

このページのトップへ

RING!RING!プロジェクト KEIRIN.JP 日本財団バナー ボートレースバナー